ブラックサンダー

ブラックサンダーが行動食にぴったりな理由4選!

いきなりですが、皆さん、山、、、、登ってますか?

本格的な雪山登山のシーズンがついに到来!

登山好きにはたまらない季節ですね。

大きな富士山を目の当たりにできる「愛鷹山」、雪山の聖地「八ヶ岳」など、白金をまとった山々があなたを待っています!

ちなみに雪山は危険なので初心者の方は決して登らないでくださいね!

一般的に夏の登山よりも危険度が高いとされる雪山に登るには、ゴーグルやフットウェア、フットギアなどの登山道具が必須なのは当たり前!

その中でも体力を消耗しやすい冬の登山で重要なの物が「行動食」です。

今回は、ブラックサンダーが登山の行動食にピッタリな理由をご紹介します。

これを読めば、きっと次の登山にはブラックサンダーをお供させたくなりますよ。

あなたはどんな行動食を携行していますか?


まず、行動食の代表的な例を紹介します。
いつも、あなたが持ち歩いているものと比較してみてください。

・おにぎり
まずは、行動食の定番「おにぎり」。
コンビニでも手軽に購入できる上、具のチョイスによって、カロリーも自由にコントロールできます。
ちなみに、ツナマヨなどはカロリー高めです。
腹持ちや満足感はあるものの、日持ちしないのがやや難点といえるでしょう。

・菓子パン
あんぱん、ジャムパンといった「菓子パン」も、カロリーが高めで重量も軽いため、行動食としては最適です。
しかし、日持ちしない点と、パッキングする際につぶれてしまうというデメリットもあります。

・ドライフルーツ
「ドライフルーツ」は、なんといっても糖質の多さと、その軽さゆえの携行性の良さが行動食にベストマッチといえるでしょう。
また、日持ちもするため非常食としても優れています。

 


ブラックサンダーが行動食にぴったりな4つの理由

実は、ブラックサンダーも行動食にぴったりなんです。

知ってましたか?

その理由について紹介したいと思います。

・理由①:高カロリー
ブラックサンダーは、あの小さなサイズにも関わらず112kcalという高カロリーを誇るため、行動食に最適と言えるでしょう。

・理由②:携行性の良さ
ブラックサンダーの重量は、わずか21g。
複数持ちも可能なので、登山の際も好きなだけ持っていけます。

・理由③:腹持ち抜群
ブラックサンダーはチョコレートだけでなく、ココアクッキーとプレーンビスケットの合わせ技で腹持ち抜群。食べ応えが違います。

・理由④:コスパ最強
ブラックサンダーのお値段はご存知1個30円(税抜き)!
コスパ最強の活動食といえるのです。
しかも、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで簡単に手に入るので、追加の購入などがしやすいのもメリットの1つです。

ここまでブラックサンダーが活動食にぴったりな4つの理由を紹介してきましたが、実はちょっとした弱点もあります。

・夏場は溶けやすい
ブラックサンダーはチョコレートでコーティングされている為、夏はちょっと苦手です。
夏場にそのまま携行するのは、おすすめできません。
そのため、お弁当の保冷バッグと一緒に持ち歩くのが良いでしょう。
一方で、冬の登山ではチョコレートが溶けるリスクは下がります。
いつでも美味しいブラックサンダーで体力を回復できます!

・食べ過ぎ注意
ブラックサンダーは、その美味しさのあまりつい食べ過ぎてしまう傾向があります。
食べ過ぎて胃がもたれてしまっては、登山に影響を及ぼしかねません。
くれぐれも、適度に食べるようにしましょう。


おすすめのブラックサンダーと食べるシーンを妄想してみました

最後に、登山時にブラックサンダーを食べる最高のシーンを妄想してみました。

あなたは今、はじめての富士山登頂にチャレンジしています。
多くの人が毎年登ると聞いていたため、少々なめていた感も否めません。
意外にハードな道のりに、なまった体が悲鳴をあげています。
途中、7合目まで馬で登るセレブ達を横目に、歯を食いしばってなんとか8合目に到達。
しかし、気力も体力も限界な上に、眠気まで襲ってきます。
そこで登場するのがブラックサンダー!
ここまで温存してきましたが、いよいよ出番のとき。
一口かじれば、失っていたパワーと登山へのモチベーションが嘘のように戻ってきます。
ブラックサンダーのご加護で一気に頂上まで駆け上がった頃には、最高のご来光を拝めることでしょう!


登山に最適な行動食ブラックサンダー

今回は、ブラックサンダーが最強コスパの行動食であることについて紹介してきました。
冬登山のハイシーズンに突入するこれからの時期のマストアイテムといえるでしょう。
ぜひ、一緒に行く友達の分も持っていき、最高の登山を楽しんでください。

トップへ戻る